gasonの徒然なるままーに

結構病んだ視点から書いていきたいと

マシニスト

罪の呵責によるひどい錯乱。
罰を受けてない罪とはこんなにも人を破壊するものか、と唖然とするほどに
激ヤセ、幻視、焦燥、、、

さだまさしの償い、
龍が如く4の冴島大河、
あたりを思い出しつつ、
向き合うことの怖さと向き合わないことへの怖れを味わえました。