gasonの徒然なるままーに

結構病んだ視点から書いていきたいと

サイレン(2017)

ホラーにありがちな、若者がパーティにいって怪しい部屋を覗いてみたら、、、という展開。

 

覗いた先には女の子が監禁されている。

パーティ会場の主には「絶対に扉を開けるなよ」というフリもあって、

可愛そうに思う心からその女の子を開放する。

 

まぁ、開放してあげたい気持ち、分からんではない。

ところが開放してみたら、いわゆる化物で、

人間を殺す、翼の生えた人型の生命体だった。

 

その瞬間、助けた男の子も一目散に逃げてしまい、

むしろ化物側がかわいそうに思えてしまうのが、

新しい見せ方なのか、見せ方(怖がらせ方)の失敗なのか。

 

最後の最後に、やはり不幸せになる主人公、

展開がざっくりとしていて、THE・B級映画といった感じでした。