gasonの徒然なるままーに

結構病んだ視点から書いていきたいと

アガサ・クリスティー - そして誰もいなくなった

読み進める中で、手にとっている本の厚みが気になる。えっ、あとたったこれだけのページで完結するの?人物描写に不足無いのに、こうも短ページに凝縮されるものなのかと感心。正直な話、ストーリーにおける「告白」はあまり魅力に感じなかった。正体不明の恐怖がのこる人々に与える様子がなんとも不気味に描かれている、それだけでとても面白かった。しかし色んな過去の人を集めたもんですな。それが一番の執念でしょう。